富山市布瀬町南にある個別指導塾です!
ブログタイトル
「地団駄」の語源
2022/1/24 9:19 pm   カテゴリ: 雑記



悔しがったり怒ったりして、地面を激しく踏みつけることを「地団駄を踏む」と言いますね。
「ジダンダ」という音と地面を激しく踏みつける行為がとてもしっくりしていて、いかにもピッタリな表現と感じますが、もともとはこうではなかったそうです。
 
地団駄を踏むの「地団駄」は、もともとは「地蹈鞴(じだたら)」でした。
蹈鞴(たたら)というのは、金属の精錬・加工の際に、足で踏んで必要な空気を送り込む大型の送風器のことです。
 
激しく地面を踏みつける人の姿が、蹈鞴を踏むさまに似ていることから「地踏鞴を踏む」と言うようになり、それが「地団駄を踏む」に変化していきました。
おそらく「地団駄」のほうが発音しやすかったのでしょう。
 
このように、日常的に使っている言葉も、意味や語源などを調べてみると、結構、面白い発見があるものです。
気になる言葉があれば、是非一度、調べてみてください。